音の出口であるスピーカーを最大限に活かすスピーカースタンド

音響設備において音の出口という、空気を振動させて人の耳に音を届ける効果を果たす装置です。そんなスピーカーを最大限に活かすのがスピーカースタンドで、それによってどんなメリットがあるかをご紹介いたします。

スピーカーの力を最大限に発揮するスピーカースタンド

スピーカースタンド

音響設備はプレイヤー、アンプ、スピーカーなどで構成されており、その中でも直接人の耳に音を届ける機器がスピーカーです。
空気を振動させてより臨場感あるサウンドを聴かせてくれるのがスピーカーの役割ですが、周りの環境によってはそのスピーカーの本来の良さが発揮できない場合もあります。
どうしても置いてしまいがちなのが床の上や棚の上、卓上スピーカーや大型スピーカーなどはこれらの上に直接置いてしまいがちです。
ですがこれだと余計な振動を起こしてしまいやすく、本来クリアなサウンドが自慢のスピーカーであってもそのよさが発揮されず、どこか籠ったような音、低音が不安定になる、またノイズのような音が気になる、そんな傾向があります。
いくら音質のよいスピーカーを購入したとしても使用環境によってはそれらの良さが発揮されず、宝の持ち腐れとなってしまうこともあるので要注意です。
この時必要不可欠になるのがスピーカースタンドで、余計な共振を生まずスピーカー本来の高音質をそのまま再現してくれるものとなっています。
インテリアの一環として捉えられがちで優先順位も低くなりがちなスピーカースタンドですが、実は音質を本来のものにするためには必要不可欠なものとなっているのです。
このスピーカースタンド、その素材によっても音質が異なり、金属のものですと低音までクリアなサウンドを楽しめるようになっています。音楽のジャンルによってはこちらを選択される方も多いです。
リーフ工房で生産されているのが木製のスピーカースタンドで、木目を活かしたオールドスタイルのスピーカーと外見もマッチし、また木製特有の柔らかいサウンドを提供してくれるものとなっています。
金属製、木製でそれぞれ特徴が違うので好みによってもわかれますが、落ち着いた空間の中でゆったりと音楽を楽しみたい、そんな方におすすめなのが木製のスピーカースタンドとなっています。
デメリットとして挙げられるのが少々低音の響きに弱いという点ですが、リーフ工房では支柱の向きも計算し、より良音質なサウンドを楽しんでいただける、そんな設計となっています。
またセミオーダー品なのでお好みの高さと天板の広さで使用環境、スピーカーのサイズに合わせることができ、また耐震用のオプションを取り付けていただくことにより安全性にも配慮されています。
音響設備は趣味でこだわって組み合わせていくとかなりの値段になるものです。
しっかり音響設備を整えたい、そうお考えの方はスピーカースタンドの導入もおすすめいたします。
特に木製のスピーカースタンドはインテリアにもマッチしやすく、和室洋室どちらにもマッチします。
柔らかなサウンドを落ち着いた部屋で楽しみたい、そんな方に特におすすめなのが木製のスピーカースタンドとなっています。

温かみのある柔らかいサウンドを求めるなら木製スピーカースタンド

スピーカースタンドには材質によって音質を左右する特性もあります。
それによって音の伝わり方も異なるので、お好きな音楽ジャンルに合わせて選択するのをおすすめしています。
金属製のスピーカースタンドはよりクリアなサウンドを楽しみたい、そんな方におすすめで低音もノイズが少なくクリアに聴こえるのが特徴です。
ですがどこか無機質で少しとがったような音に感じる、と捉える方もいるようです。
クリアさを追求するなら金属製がおすすめですが、もしもっと聴こえが柔らかくリラックスできるような音質を期待したい場合は木製のスピーカースタンドがおすすめです。
木製のスピーカースタンドはクリアさには欠けますが、あたたかみのある柔らかいサウンドが特徴となっています。
そのためオールドタイプのスピーカーから出る音のよさをそのままに、さらに味わい深いサウンドとして耳に届けてくれる、そんな効果があります。
勿論オールドスタイルのものにだけではなく、スマホ用の小型スピーカー用としても適しており、インテリアにもマッチしやすいので幅広い用途が期待できるものとなっています。
どうしてもスピーカースタンドは単なる置き台として扱われがちですが、実際は素材も好みで選んでいただき、より音響にこだわるためのものとして本来作られています。
またソファの高さなどによっても変わるスピーカーの適切な高さ、これらにこだわれるようリーフ工房ではセミオーダーでスピーカースタンドを受注生産しています。
一点一点手作りで、また柔らかい木材を使っているので傷がつきやすいなどの難点がありながらも、使い込まれるにつれて味がでる、そんなスピーカースタンドを生産しています。
全て手作りで対応しているので大型、中型、小型、卓上問わず対応している、木目を活かしたナチュラルなスピーカースタンドは音質を柔らかく、そして高音質のまま楽しんでいただけるよう設計されています。
一品一品丁寧に手作業で仕上げている為、お客様だけのスピーカースタンドをお求めやすい価格でご提供しています。
スピーカースタンドは耳の位置などを計算して高さを付けるなど、調整できるのが望ましいものとなっています。
リーフ工房ではお客様のご希望の高さで製作しているため最適な高さを再現可能です。

最高の音質を楽しむために欠かせないスピーカースタンドをオーダーメイド

スピーカースタンドも適切な高さがあり、音楽を楽しむ環境によってそれは異なります。 ソファに座ってゆっくり楽しむ、寝転んでリラックスしながら楽しむ、臨場感あるサウンドを楽しむ、さまざまな理由がありますが、基本スピーカーは耳の高さくらいにあるのがベストなポジションと言われています。
そしてその耳くらいの高さ、というのもスピーカーにもさまざまな種類がありますが、高音域を担当する2つ目にあるツイーターの高さが耳の約10センチ程度低い位置にくるのがベストなポジションと言われています。
それぞれの身長や聴くときの姿勢もありますので正解のポジションはありませんが、こういった基準でスピーカースタンドの高さを計算し、購入するのが一番となっています。
これらの基準を満たせればよりスピーカーの本来の良さが引き出せるので、完璧とはいかなくてもそれに近い高さのスピーカースタンドを利用したいところです。
リーフ工房はセミオーダーでの受注生産になりますので、スピーカースタンドのメリットも最大限に活かせる高さに設計しなおした上で製作を行ってくれます。
そのため最適な位置にスピーカーを持ってこられる、そんなスピーカースタンドできるようになっており、音響空間により合わせた設計が可能です。
既製品ではできないような微調整をセミオーダーだからこそ可能にしており、また適切な高さを保つためにもきちんと耐震仕様も案内してくれます。
スタンドは不安定ですぐ倒れてしまう見た目をしていますが、こうしたオプションにより万が一の地震にも備えられるようになっているので安心です。
音響設備を整えるにあたり、それまでは優先順位が低いように感じていたとしても、目的を見直していくとスピーカー自体の音質を上げる、そんな大きなメリットがあるのがスピーカースタンドです。
インテリアにも適したあたたかみのある木製のスピーカースタンドをリーフ工房では取り扱っております。
木の癒しが伝わるようなサウンド、そしてオールドスタイルのスピーカーをより引き立てるようなナチュラルテイストのスピーカースタンドを手に取っていただきやすい価格で購入できます。